ゆとりの間取りがあるエコ志向の新築マンションが府中に建設されることになった選定基準を考えると

東京都の中でも、多摩地域にある府中市は、近年開発が進められている地域でして、まだまだ広大な土地が駅の近くに残っているということから、ゆとりの間取りがあり、しかも太陽光発電を取り入れたエコ志向の新築マンションが建設されることが計画されている場所です。
なぜ府中市にエコ志向の新築マンションが建設されることになったのか、その基準についてネットで調べてみたところ、分かったことは、太陽光発電パネルを屋上会に設置できるほどの大きなマンションを建てる敷地について、東京近辺の郊外では府中市が一番都心に近かったという基準に合っていたということでした。
都心部に比較的近くて、駅を使えばアクセスが楽であるということであれば、入居希望者が多くなると見込まれているからこその新築マンション建設なのだそうです。


ル・サンク府中町|京王線「府中」駅 徒歩9分|新築分譲マンション